サービス紹介

ALL GROWご利用の流れ

インターン申込

インターンシップの重要性

就職前から働くことや、キャリアプランについて考える姿勢が求められている!

就業体験とは、企業など実際の職場で働く経験をする仕組みです。アメリカではさかんに行われており、ほとんどの学生が在学期間中に経験し、就職先選びやキャリアビジョンの構築に役立てています。

就業体験で自分に適性はなさそうだがやってみたいということに、あえてチャンレンジする気持ちが重要と考えます。業界・職種に対する知識を高め、就職してから失敗する道を選ぶのではなく、就業体験をとおして自分の可能性に気付くことができるチャンスです。

ALLGROWは、幅広い知識をもち間違いのない就職活動の応援をします。

就業体験を最大限に活かしてキャリアプランを組み立ててください。

就業体験を通じて生まれた関心や興味をそのまま広げ、興味を持った分野を深く探り、経験の中から得た視点を就職活動に活かすなど、主体的に取り組むことで自分の可能性を広げていきましょう。

もしかすると「この業界・職種は合わない」と感じる人もいるかもしれません。そんな場合は、その違和感をもとに、自分に合った仕事や職場を探しましょう。新たな可能性を探す材料にしてください。

自分はどんな仕事が好きなのか、自分の性格や知識をどんなふうに活かせるのか。実際に経験するといろいろみえてくるはず。その機会を与えてくれるのが就業体験です。

ひとりで一生懸命考えても答えはみつかりません。自分で「働く」を経験し、本当の自分をみつけましょう。